メインコンテンツ

その他のコンテンツ

印鑑について

印鑑は、5000年以上前から古代メソポタミアで使われていました。その後、印鑑は世界各地に広まり日本にもやがて伝わりました。日本で最も古い印鑑は、歴史の教科書にも登場する「漢倭奴国王」の金印です。印鑑は当初、政府や地方の身分の高い人が利用していましたが、平安、鎌倉時代になり個人が印鑑を使う習慣が定着したようです。明治時代以降には、印鑑に関する法律も整備され、個人の印鑑については登録制度が導入されています。

印鑑はどのような時に使うのでしょうか。印鑑は、個人が使う物だと認印、銀行印、実印の3種類あります。 認印は、印鑑登録されていないもの全てを総称した呼び名で、宅配の受け取りの時、会社で伝票に押す等、日常生活でよく使う印鑑のことを指します。会社で使用する印鑑では、押す回数が多くなるので、朱肉をつける必要がなくインクが内臓されたタイプのものを使うことが多くなります。

銀行印は、銀行に口座を作る時に届ける印鑑で、銀行窓口で口座から送金したり、自分の口座からお金を引き出す時に、本人を確認するため提出を求められることがあります。 実印は住民登録をしている市区町村に対して、自分が使っている印鑑を登録する時に使う印鑑です。登録できる印鑑にはサイズなどの規定があります。

印鑑は、専門店、文具店で購入することができます。市販されているものは既製品で値段も安く手に入りますが、専門店では印鑑の素材やデザインを選んで特注で印鑑を作ります。 このサイトでは、印鑑の役割や使い方、自治体への登録について紹介します。